当サイト「フリーランサー」では、フリーランスを目指している方におすすめの情報(仕事/税金/源泉徴収/確定申告/インボイス制度/新法など)について最新の情報をまとめています。

ヘアメイクとヘアセットの違いとは?プロのアーティストがわかりやすく解説!

最新の美容情報まとめ~ヘアメイクアーティスト「こふゆ」が化粧品業界の話題から転職情報までを一挙に大公開~

ヘアメイクとヘアセットの違いってなんだろう?

そもそもヘアメイクって具体的にどんなことをするの?

ヘアセットとは具体的にどんなことをするんだろう?

このような疑問をお持ちの10代〜20代の女性の方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、以下の内容について解説していきます。

  • ヘアメイクとヘアセットの違いについて解説
  • ヘアメイクやヘアセットを行う職業に就く方法
  • ヘアセットとヘアレンジの違いについて解説
  • お呼ばれの際におすすめの人気のヘアアレンジを紹介

この記事を読むとヘアメイクとヘアセットの違いについてやヘアメイクやヘアセットを行う職業についてやその仕事内容、ヘアメイクやヘアセットを行う職業へ就く方法が理解できると思います。

ぜひ、最後までご覧ください。

  1. ヘアメイクとヘアセットの違いについて解説!
    1. ヘアメイクとは?ヘアメイクの意味について解説
    2. ヘアセットとは?ヘアセットの意味について解説
  2. ヘアメイクを行えるヘアメイクアップアーティストという職業に就く方法を解説
    1. ヘアメイクアップアーティストの仕事内容
    2. ヘアメイクアップアーティストの特徴
    3. ヘアメイクアップアーティストになるために必要な資格は?
    4. ヘアメイクアップアーティストの就職先は?
    5. ヘアメイクアップアーティストのやりがい
  3. ヘアメイクアップアーティストの年収はどのくらいなのか?
  4. ヘアセットを行えるヘアスタイリストという職業に就く方法を解説
    1. ヘアスタイリストの仕事内容
    2. ヘアスタイリストの特徴
    3. ヘアスタイリストになるために必要な資格は?
    4. ヘアスタイリストの就職先は?
    5. ヘアスタイリストのやりがい
  5. ヘアスタイリストの年収はどのくらいなのか?
  6. ヘアセットとヘアアップの違いとは?
    1. そもそもヘアセットの意味は?具体的に何を指し示しているのか
    2. ヘアアップとは具体的に何を指し示しているのか
  7. ヘアアレンジをするのはどんな場面?
    1. 七五三や成人式のなどのイベント
    2. 結婚式などのお呼ばれの際
  8. お呼ばれの際におすすめの人気のヘアアレンジ5選を紹介
    1. 編み込みポニーテールアップスタイル
    2. ハーフアップ
    3. ルーズアップ
    4. 外ハネ
    5. 夜会巻
  9. ヘアセットサロンや美容室でヘアセットをしてもらうメリット
  10. ヘアセットを行うときに最低限必要な道具を紹介
    1. アイロンとコテ
    2. ブラシとコーム
    3. ダッカール
    4. ゴムとピン
  11. まとめ

ヘアメイクとヘアセットの違いについて解説!

ヘアメイクとヘアセットという言葉は10代〜20代の女性は日常的に使用する言葉なのではないでしょうか。
しかしヘアメイクとヘアセットの違いを具体的に説明するとなると、いまいちピンとこない方もいらっしゃるかと思います。

以下でヘアメイクとヘアセットの違いについて詳しく解説していきます。

ヘアメイクとは?ヘアメイクの意味について解説

ヘアメイクとは、ヘアスタイルのセットとメイクアップの両方を意味しています。
七五三や成人式などの人生のなかでのイベント、モデルや映画などの撮影現場などで、ヘアメイクが行われます。

結婚式では、ブライダルヘアメイクアーティストというブライダル専門のブライダルヘアメイクアーティストがヘアメイクを施します。

ヘアメイクは、メイクとヘアセット両方を行うことがヘアセットとの意味の違いといえます。

ヘアセットとは?ヘアセットの意味について解説

ヘアセットとはヘアスタイリングのみセットすることを意味しメイクアップは含まれません。

ドライヤーやカーラー、アイロン等を使用しブローや巻き髪、ハーフアップやポニーテールなどのヘアスタイルを作り上げることをヘアセットといいます。

ヘアセットは、ヘアスタイリングのみのことを指しメイクは含まれないので、その点がヘアメイクとヘアセットの違いといえます。

ヘアメイクを行えるヘアメイクアップアーティストという職業に就く方法を解説

ヘアメイクとヘアセットの違いがわかったところで、ヘアメイクをお客様に施す職業、ヘアメイク アップアーティストの仕事内容、ヘアメイク アップアーティストになるにはどのような方法があるのか、必須の資格はあるのかについて以下で解説していきます。

ヘアメイクアップアーティストの仕事内容

ヘアメイク アップアーティストの主な仕事内容は、下記に記載致します。

  • 七五三や成人式
  • 卒業式
  • 芸能関係の撮影現場
  • ブライダル


ヘアメイク アップアーティストはお客様に合わせたスケジューリングになることが多いので午前中から午後の仕事内容はお客様によって動き方が変化する職業です。
七五三や成人式等の依頼の場合は早朝から仕事ということもあります。

撮影現場等のヘアメイクの際も早朝から撮影シーンにより様々なヘアメイクにチェンジすることもあるのでそれに合わせて動いていきます。
ブライダルの現場とでは、お色直しなど全てのヘアメイクを担当することが基本です。

上記のことからかなり体力が必要とされる仕事です。

ヘアメイクアップアーティストの特徴

ヘアメイク アップアーティストは、メイクアップとヘアセットどちらも行うのが特徴です。
雑誌の撮影や映画の撮影の現場などでは、イメージにあったメイクアップとヘアセットを施す想像力や技術が必要な職業です。
サロンなどでお客様に依頼された場合は、お客様が想像しているイメージをきちんと汲み取ってイメージを形にできる力が必要とされます。

想像力、知識、技術、センスが問われるのが特徴といえます。
また、お客様とコミュニケーションをとることも大切であるため、コミュニュケーション能力も必要でしょう。

ヘアメイクアップアーティストになるために必要な資格は?

ヘアメイク アップアーティストには国家資格が存在しません。
なので極論、資格がなくてもヘアメイク アップアーティストを目指すことはできます。
しかし活躍されてるヘアメイク アップアーティストの方は基本的にヘアメイクに関連する資格を持っています。

国家資格の美容師免許は、上記でもお伝えしたように所持してなければヘアメイクアップアーティストになれないというわけでは、ありませんがヘアメイクアップアーティストとして活躍しいきたいと考えている方は、持っておくべき資格といえるでしょう。

ヘアメイク アップアーティストを目指すのにおすすめの取得するべき民間資格の一部を下記で紹介します。

  • JMAN日本メイクアップ技術検定試験
  • IBF国際メイクアップアーティスト認定試験
  • 日本化粧品検定
  • 色彩技能カラーパーソナル検定

JMAN日本メイクアップ検定3級はどなたでも受験が可能です。
2級からは、JMANの会員であることが前提で2級は3級を合格した方、1級とメイクアップインストラクター検定は、2級を合格した方にのみ受験資格があります。

IBF国際メイクアップアーティスト検定は、IBFが指定している各スクールで所定のカリキュラムを修了し、修了証書を所持している方のみに受験資格があります。

日本化粧品検定は、特に受験資格などはないのでどなたでも受験可能です。
日本化粧品検定3級は、なんと無料で受けることができます。
2級と1級は受験費用を支払えば受験することが可能です。

色彩技能カラーパーソナル検定は、受験資格がなく誰でも受験可能です。

ヘアメイクアップアーティストの就職先は?

ヘアメイク アップアーティストの就職先には、下記のような場所があります。

  • 芸能関係の撮影現場のヘアメイクを行うヘアメイクプロダクション
  • 美容師(※美容師免許必須)
  • 化粧品メーカー(美容部員)
  • フォトスタジオ

ヘアメイクアップアーティストのやりがい

  • その人に合ったメイクを施しお客様をさらに美しくするお手伝いができる
  • メイクを施すことによりいつもと違う印象を演出しお客様の新しい発見へと導くことができる
  • 撮影現場などでは、そのシーンに合ったメイクを施しメイクで世界観を演出し映画などの世界観を作成する一員となることができる

上記が主なヘアメイクアップアーティストのやりがいといえるのではないでしょうか。

自身の技術やセンスが問われる職業ですが、反対に自身の技術やセンスで人の見た目を変化させられること、お客様の笑顔を作り出すきっかけを与えられるのはヘアメイクアップアーティストでなければ味わえないやりがいだといえます。

ヘアメイクアップアーティストの年収はどのくらいなのか?

ヘアメイク アップアーティストの平均年収は、働く場所によっても変わってきますが一般的には300万円前後といわれています。
ただし、技術を上げていけばフリーランスとして個人で活動していくことが可能です。
フリーランスで活躍していくとなると自身で営業をかける必要があり営業スキルが必須となります。
また、1件も仕事がなければもちろん収入が0なんてこともあり得ます。

逆にいえば営業スキルがありどんどん自身で仕事をとっていけば平均年収を大幅に上回ることが可能な職業です。

ヘアセットを行えるヘアスタイリストという職業に就く方法を解説

ここからは、お客様にヘアセットを施す職業、ヘアスタイリストの仕事内容やヘアスタイリストになるにはどのような方法があり、必須の資格はあるのかについて解説していきます。

ヘアスタイリストの仕事内容

ヘアスタイリストの仕事内容は、下記の通りです。

  • カラー
  • パーマ
  • ヘアセット

上記のように髪の毛に関すること全般がヘアスタイリストの仕事内容です。
最近では髪質改善に力を入れてる美容室もあります。

美容室は基本的に午前中から夜まで営業しているところが多いのでそのようなワークスタイルが基本です。
美容師は、営業終わりに練習会等がある美容室もあるためその練習会に参加し自分の技術を高めていきます。
髪型やカラーには流行りがあるので常にアンテナをはり、流行りをチェックし最新の技術を学ぶことも必要です。

ヘアスタイリストの特徴

ヘアスタイリストは、ヘアメイクアップアーティストと同様にヘアセットを行いますが、ヘアメイクアップアーティストとは異なり髪の毛のカットやカラー、パーマを行います。
髪の毛のカットは、短く切りすぎてしまうとすぐに伸ばすということは不可能ですので
きちんとお客様のイメージをくみ取りイメージ通り仕上げる必要があります。

ヘアセットやメイクとは異なり、一度施したカットやカラー、パーマは直ぐに修正することは難しいのでお客様とのコミュニュケーションをとりお客様がイメージしている髪型に近づけるコミュニケーション能力と技術が必要でしょう。

ヘアスタイリストになるために必要な資格は?

ヘアスタイリストとは、いわゆる美容師のことを指しますので美容師免許が必須です。
髪の毛をカットしたりカラーしたりパーマをしたりするには、必ず美容師免許が必要となるのです。

美容師免許を取得するには、学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。
専門学校に通い2年以上、または通信制で3年以上の課程を終了して初めて美容師免許の受験資格を得ることができます。

以下では必須ではないですがヘアスタイリストして活躍していくために持っておくと便利な資格の一部を紹介します。

  • ヘアケアマイスター
  • パーソナルカラリスト検定
  • メイクアップアドバイザー検定
  • ビューティー・コーディネーター検定

上記で紹介したヘアケアマイスターは、美容師または理容師免許を取得していないと受験資格が得られません。

パーソナルカラリスト検定は2級と3級は年齢、学歴、経験などに制限はなく独学での取得も可能です。
1級の受験は、パーソナルカラリスト検定2級を取得している方に限ります。

メイクアップアドバイザー検定とビューティー・コーディネーター検定は、年齢などの制限はなくどなたでも受験可能です。

ヘアスタイリストの就職先は?

ヘアスタイリストになった場合の就職先の一部を以下で紹介していきます。

  • 美容室
  • ブラダルサロン
  • ヘアメイクプロダクション
  • フォトスタジオ

ヘアスタイリストのやりがい

  • 自分が行ったヘアスタイルやカラーでお客様を更に美しくすることができる
  • 自分の技術が目に見えてはっきりとわかる
  • 自身が手がけたヘアセットによりお客様を笑顔にできて感謝される

上記がヘアスタイリストの大きなやりがいといえるのでは、ないでしょうか。

自分の努力であげていった技術が目に見えてはっきりとわかるのは、どんな職業でもやりがいを感じる瞬間です。
それに加わってお客様の笑顔や感謝の言葉をいただけるとなればこんなにもやりがいを感じる瞬間はないのではないでしょうか。

ヘアスタイリストの年収はどのくらいなのか?

ヘアスタイリスト(美容師)の平均年収は、ヘアメイクアップアーティストと同様で300万円前後といわれています。
ヘアスタイリストはアシスタントの時期もあるのでその時期は平均年収が200万円前後となります。

ヘアスタイリストも自身の技術の向上を図り、独立して美容室を開業すれば高額の年収が見込める職業です。

ヘアセットとヘアアップの違いとは?

ヘアセットとヘアアップの違いとは具体的にどのようなものなのでしょうか。
以下で解説していきます。

そもそもヘアセットの意味は?具体的に何を指し示しているのか

ヘアセットとは、セット全体を意味しますのでとても大きいくくりになります。
髪をブローしたり、コテやカーラーなどを使用して髪を巻いたり、ハーフアップなどのヘアレンジの全般を指します。

ヘアアップとは具体的に何を指し示しているのか

ヘアアップとは、ピンやゴムなどを使用して髪全体を上げることです。
アップスタイルは、もちろんハーフアップなどのダウンスタイルのヘアアレンジも含まれます。

ヘアアレンジをするのはどんな場面?

ヘアアレンジは、普段生活していくなかで日常的に行う方もいらっしゃると思います。
しかし、ヘアアレンジは時間がかかるので普段はブローのみという方も少なくはないのではないでしょうか。

ヘアアレンジを行うのは、以下のようなイベントごとの際が最も多いと言えます。

七五三や成人式のなどのイベント

七五三や成人式は、必ずヘアセットサロンや美容室などでヘアアレンジを行ったと思います。
七五三は、女性であれば人生で2度、成人式は人生で1度の特別なイベントなので、そういった特別な日にヘアレンジをする方がいると思います。

結婚式などのお呼ばれの際

自身で結婚式を挙げる際はもちろんのこと、ご親族やご友人などの結婚式にお呼ばれした際にもヘアアレンジをする方はいますよね。
普段ヘアアレンジをご自身で行う方もこういった特別な日には、美容室やヘアセットサロンを使用する機会があると思います。

お呼ばれの際におすすめの人気のヘアアレンジ5選を紹介

ヘアレンジは普段しないからどんなヘアアレンジがあるんだろう?とお考えの10代〜20代の女性の方がいらっしゃるのではないでしょうか?

ここからは、ホットペッパービューティーを参考にお呼ばれの際におすすめの人気ヘアアレンジを紹介していきます。

編み込みポニーテールアップスタイル

編み込みを入れたゆるめポニーテールは、非常に人気のヘアアレンジの1つです。
ポニーテールだけではなく、編み込みをプラスすることによって可愛らしさや女性らしさを演出できます。

近年は、ゆるめのヘアスタイルが人気なので編み込ポニーテールゆるさをプラスすると流行りも取り入れられオシャレ感がグッと上がります!

参考サイトホットペッパービューティー

ハーフアップ

ハーフアップは、結婚式のお呼ばれの際に非常におすすめのヘアアレンジです。
ハーフアップヘアアレンジは、女性らしさに加え上品さを表現できるヘアアレンジの1つです。
目立ちすぎないところも結婚式のお呼ばれヘアセットとしてはピッタリといえるでしょう。

参考サイト:ホットペッパービュティー

ルーズアップ

ルーズなアップスタイルもお呼ばれの際に人気のヘアアレンジの1つです。
ルーズアップとは、ゆるくまとめたアップスタイルのことです。
ルーズに下の方でまとめるととてもお上品なヘアアレンジへと仕上がります。

顔まわりをスッキリさせたいけど上品さも外せないというシーンにはおすすめのヘアアレンジです。

参考サイト:ホットペッパービューティー

外ハネ

ボブヘアの方におすすめなのは外ハネヘアアレンジです。
外ハネは、短いからこそできるヘアアレンジで、とてもオシャレに見えますよね。
外ハネは慣れないと自分でヘアセットするのは難しいのでお呼ばれの際などの特別な日には、プロにお願いするのもいいですよね。

参考サイト:ホットペッパービューティー

夜会巻

和装に似合うのは、間違えなく夜会巻ですよね。
きちんと上品な雰囲気を演出できます。
お祭りや花火大会で浴衣を着る際にもおすすめのヘアアレンジです。

参考サイト:ホットペッパービューティー

ヘアセットサロンや美容室でヘアセットをしてもらうメリット

ヘアセットサロンや美容室でヘアセットをするメリットは、普段自分でできないヘアセットができることです。
自分だと後ろが見えないためできるヘアセットが限られてくると思います。
ヘアセットサロンや美容室でプロにヘアセットを頼めばやりたいヘアセットができることはメリットの1つといえます。

また、自分でヘアセットを行うと崩れやすい場合が多いですがヘアセットサロンや美容室でヘアセットをしてもらえば、もちろん長時間崩れにくいヘアセットをしてもらうことが可能です。
特別な日のヘアセットでは、崩れにくさは非常に重要だと思いますのでヘアセットサロンや美容室でセットすることがおすすめです。

ヘアセットを行うときに最低限必要な道具を紹介

自分でヘアセットを行うときに最低限必要な道具を以下で紹介していきます。

アイロンとコテ

ヘアセットを自身で行う際にアイロンとコテは必須です。
とくにストレートアイロンは、前髪のセットに使用したり顔まわりの髪の毛等に使用する機会が非常に多いので必須といえます。

コテは、巻き髪や顔まわりの髪の毛を巻く際に必要となるので持っていると便利です。

ブラシとコーム

ブラシはブローをする際にも必ず使用するのでどんなヘアセットにも使えます。
また、コームは前髪のセットや逆毛をたてる際に役立つので必要です。

ダッカール

ダッカールは髪の毛を固定してくれるピンのことでストレートにする際や巻き髪をする際はもちろんアップスタイル等のヘアアレンジをする際にも活躍するので1つあると便利です。

ゴムとピン

ヘアスタイルをアップにしたりするには必ずゴムピンが必要です。
慣れてくればピンのみでアップスタイルを作ることも可能でピンでヘアセットを行う方がゴムでアップスタイルを行うときのようにゴムが目立たないのでそういった点を踏まえて必要といえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は下記の内容について解説しました。

  • ヘアメイクとヘアセットの違いについて
  • ヘアメイクまたはヘアセットを行う職業に就く方法
  • ヘアセットとヘアアレンジの違いについて
  • おすすめの人気ヘアアレンジを紹介

ヘアメイクやヘアセットは、似てるようで意味が違います。
しかし、ヘアメイクを行うヘアメイクアップアーティストとヘアセットを行うヘアスタイリストはとても近しい存在であり就職先などもあまり変わりがないことがわかったと思います。


ヘアメイクとヘアセットという言葉は、日常的に使う方も多いと思いますのでこの記事を読んでヘアメイクとヘアセットの違いが理解できたという方やこれからヘアメイクやヘアセットを行う職業に就きたいとお考えの10代〜20代の女性の参考になりましたら幸いです。

SNSが普及しヘアレンジのやり方をのせてる方もいるので、ヘアアレンジを普段からご自身でされてる方もいらっしゃると思いますが、今回本記事で紹介させていただいたおすすめのヘアアレンジは特別な日にはピッタリだと思うので特別な日のヘアセットで美容室やヘアセットサロンへ行く際の参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました